本文へスキップ

サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

テクニカルショウヨコハマ横浜市ブース様にて弊社事業紹介パンフをおかせて頂きました。

  「高分子収着剤の紹介」
    

テクニカルショウにて弊社のパンフレット「高分子収着剤の紹介」をおかせていただきました。


次世代自動車、車両の空調装置 要約

【課題】 電気自動車を始めとする次世代自動車では空調熱源が十分ではないため、除湿や暖房を行う際にバッテリーや燃料(水素自動車では水 素)を使用します。また、従来から搭乗者が感じる快適性に対する湿度調整の工夫が十分ではありませんでした。これらの課題に対し、快適性を損なわ ずに車両内の空調を高効率に行う技術が求められています。
【提案】 次世代自動車や車両内に除湿材(例えば高分子収着剤などのデシカント材)を設置し、乗員が発する水蒸気(不感常泄)を吸湿すること で車室内の水蒸気を調整します。また、除湿暖房時に見られる運転者のドライアイ対策として相対湿度の高い空気を運転者へ優しく配気するなど高度な 空調技術を提供します。
 これまでに幾つかの提案を実用化していますが、例えばブロック型高分子収着剤を用いた例や、高分子収着剤をヒートポンプ装置の蒸発器伝熱面に 担持させて、吸湿機能を最大限に活用すると共に、短時間の高速再生を達成する構成を確認しています。
 関連する特許の明細書、図面等は順次公開してゆきます。


「マイクロEV向け防曇システム考察」

  マイクロEV向け防曇システム考察
    

マイクロEV向け防曇システムについての説明です。高分子吸着剤の可能性と実験によるデータを公開しています。


除湿ブロックとデシカント不織布

     ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ      ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ

弊社の除湿ブロックは、従来のシリカゲル型よりも高いパフォーマンスを発揮します。(当社比)


「当社が提案する防曇システムの基本構成例」

     

 除湿ブロックを用い車内除湿を達成できれば、従来の暖房除湿エネルギーによる電力負荷の低減につながります。


バナースペース